高麗人参情報
「効果なし」の噂を検証
メインイメージ

浜田屋の高品質な高麗人参酒まとめ

高麗人参を摂取する方法はサプリメントだけではありません。
最近では、お酒(高麗人参酒)による摂取も注目されています。

そんな中、口コミで広がっている製品が「浜田屋」の高麗人参酒
高品質かつ美味しい高麗人参酒をラインナップしているのが、このお店の特徴です。
しっかりと熟成されているので、旨みもコクも抜群。
このまろやかさは、他では味わうことができません。

使用している高麗人参は、長野産にこだわっているのが特徴。
そんな高麗人参に生薬(棗・生姜・桔梗・クコシ)を配合。 さらに、10年以上寝かせることによって、効能を高めているのが最大の見どころです。

バリエーションは全部で4種類。
アルコールをはじめ、味や風味もそれぞれ異なるので、自分にあったものを選択しましょう。

アルコール30度(800ml)

一番の定番アイテムです。
男性の健康管理には最適な逸品!
僅かですが、独特の風味とクセがあるので、女性だと飲みづらさを感じる人がいるかも?
(養命酒を飲める方なら問題なく飲めるとのことでした。)

迷ったらこれを選べばOK!
王道の高麗人参酒です。

アルコール23度(720ml)

しっかりした味わいの高麗人参酒です。
少量の蜂蜜が配合されているので、甘味を感じることができます。
キリッとした喉越しが旨い一本。
ストレートで飲んでも美味しいですが、水割りやお湯割りで飲んでも十分に深みを感じることができます。

アルコール14度(720ml)

アルコール度数は比較的軽め。
女性でも飲みやすいタイプです。
やはり蜂蜜が加えられており、甘味が調節されているのが特徴。
高麗人参の風味とまろやかさをバランスよく感じることができます。

6年根入り特上人参酒(3200ml)

太さ・ひげの多さ・長さ・品質。
どれをとっても最高級という優秀な人参を使用した最高級品です。
※アルコール度数は30度。

高麗人参酒はどんな人に向いている?

高麗人参というと健康食品で有名となっていて、もちろん体に良い成分が多く入っていることから、
古来より様々な症状に効果的であるといわれ続けています。

みなさん、高麗人参酒ってご存知ですか。
高麗人参酒は、家庭でも簡単に作ることができることから好まれて飲んでいる方も多くいらっしゃいます。
アルコールと一緒に摂取することによって、体が温まることによって、冷え性や虚弱体質に最も良いとされています。

また、高麗人参酒として売っているものもありますが、高麗人参とホワイトリカーがあれば簡単に作ることができます。
生か乾燥のどちらでもアルコールに漬けておけば良いだけなのですが、
生の場合ですと、1-2ヶ月程度で、乾燥を利用した場合では3-4ヶ月程度置くことで完成します。
また、生で作った場合でも、乾燥したものを利用した場合でも一日の摂取量は10ccが目安となっています。
もちろん、お酒になりますので妊婦さんや授乳中の方は控えましょう。
飲み方にも特に決まりはなく、ロックや水割り、お湯割りなど、お好みで摂取できるので手軽かもしれません。
多少苦味が、気になるという方も好きなもので割ることができるので、工夫次第で飲みやすくなりますよね。
ハチミツを入れるのもオススメのようなので、ぜひ試してみてください。

毎日摂取することで体がじんわりと温かくなっていくのが実感できますよ。

また、お酒のほかにも摂取の仕方はたくさんあります。高麗人参を使ったレシピの詳しい解説はこちらのサイトがおすすめです。

トップに戻る