高麗人参情報
「効果なし」の噂を検証
メインイメージ

高麗人参で体も心も健康に

優れた漢方薬・健康食品として古くから活用されてきた高麗人参。
かつては高級品でしたが、最近はお手頃な値段のものが増えたという事もあり、入手しやすくなりました。
高麗人参の効果・効能について解説いたします。

そもそも高麗人参は朝鮮人参とも呼ばれるウコギ科の多年草で、中国東北部からロシア沿海州にかけて自生しています。
ちなみに、日常的に料理に使われる野菜の人参はセリ科なので、高麗人参とは全くの別物です。
日本に初めて高麗人参が伝わったのは奈良時代で、江戸時代には全国で栽培されるようになりました。

高麗人参がもたらす効果・効能はサポニンのおかげと言っても過言ではありません。
サポニンには高い抗酸化作用・抗炎症作用等があり、高麗人参は他の植物に比べてサポニンが多い事で有名です。
高麗人参に含まれるサポニンの一種ジンセノサイドは非常に優れた有用成分です。

ジンセノサイドにもさらに種類があり、ジオール系・トリオール系・オレアノール系に分類できます。
主な効果・効能として、ジオール系は精神安定、トリオール系は疲労回復、オレアノール系は抗炎症作用が挙げられます。
ジオール系・トリオール系に共通する効果・効能は脂肪代謝促進・抗アレルギー作用・認知機能改善等があります。

ストレスによるイライラ・不安を和らげ、病気予防もできる高麗人参は心にも体にも優しいと言えますね。
美容やアンチエイジングにも効果を発揮するので、年齢男女問わず積極的に摂取したいものです。

トップに戻る