高麗人参情報
「効果なし」の噂を検証
メインイメージ

なるほど!高麗人参はこうやって選ぶ

古くから万能の薬として使われてきた高麗人参ですが、これから健康のために利用しようと思われる方へ、その選び方についてご紹介しましょう。

高麗人参を選ぶときには、含まれている成分と産地について比較してみてください。
高麗人参には、ジンセノイドという成分が含まれていますが、この成分はどのくらい含まれているのか、高麗人参の栽培年数によって、大きく異なります。

高麗人参を選ぶときは、ジンセノイドの量が多いものを選ぶことが大切です。
この成分が多い高麗人参は、価値があり高価格での取り引きが行われています。
また、高麗人参を選ぶときには、加工法にも注目をしてみましょう。
高麗人参を煮た後に、乾燥をさせたものを紅参と呼びます。
紅参は、皮のまま加工されるため、ジンセノイドが多く含まれており、栄養価が高いことが特徴です。

紅参は、赤っぽい色をしていて、とても固く、保存をするには最適なものです。
そして、高麗人参のジンセノイドは、栽培をし始めてから6年目のものが、一番含有量が高いとされています。
六年根と呼ばれており、ジンセノイドのバランスが最も良いと言われています。
高麗人参は、日本やアメリカなど様々な国で栽培をされていますが、購入するのであれば韓国か北朝鮮産のものを選んだ方が良いでしょう。

高麗人参はもともと朝鮮半島で栽培されていたため、本場のものがもっともすぐれています。

トップに戻る