高麗人参情報
「効果なし」の噂を検証
メインイメージ

副作用?好転反応?

高麗人参の歴史は何千年も続いているといわれ漢方薬としても使用されています。
昔は栽培が難しく高価な食材でしたが、最近では大量生産ができるようになり、良質なものでも手に入りやすくなってきました。
栄養がたっぷりの高麗人参を日々の生活に取り入れていきたいですね。

高麗人参を摂取してしばらくすると高栄養が故に好転反応が出て一時的に体調を崩す場合があります。
これは揉み返しに似たようなもので体質が変わっていく過程でよくあることです。
好転反応については諸説ありますが、体内にたまった老廃物が排出されるときに出るといわれています。
好転反応の主な症状はめまいや頭痛、便秘があります。
気にせず摂取を続ければ次第に数日で症状は治まります。高麗人参は薬ではなく食材なので、ひどい症状になることは少ないですが、気になるときは医師に相談してみるとよいでしょう。

このような症状が出た場合、体調がすぐれなければいったん摂取をやめてもかまいません。
落ち着いたら服用を再開し、少しずつ体を慣らしていくことが大切です。
せっかく体が変わろうとしているのにここでやめてしまったら振り出しに戻ってしまいます。

副作用ではなく好転反応かもしれないと頭の片隅に覚えておきましょう。
高麗人参には疲労回復や生活習慣病の予防のほかに、
免疫を上げる効能があるのでインフルエンザ予防にも効果があるといわれています。
そもそも薬ではないので、過剰摂取に気を付ければ大きな問題はありません。

トップに戻る